金時

金時の名のつくさつまいもはいくつか存在しますが、中でも根強い人気を博しているのが

鳴門金時だと言えるでしょう。関東ではベニアズマが好まれてきましたが、

関西ではこの鳴門金時の方が好まれる傾向があるようです。この鳴門金時は徳島県の

鳴門市の砂地に栽培される、さつまいもでとても上品で香りも良いとされています。

 

関東のベニアズマは赤土で栽培されることが多いので、土壌から大きく違いますね。

鳴門市の砂地には海からの豊富なミネラル分と、温暖な気候と雨量の少ない気象条件

から、栄養分と甘さが非常に高い品種だと言われています。さすがにさつまいもの

トップブランドとも言われる鳴門金時ですね。時にはさつまいもの女王と呼ばれる

鳴門金時の中には、さらにブランド化された里むすめや甘姫、松茂美人といった

ものも存在します。金時好きな方はぜひ味わってみたいのではないでしょうか。

 

見た目も鮮やかで美しい鳴門金時は、焼いて良し、蒸して良し、加工して良しと、

オールマイティに活躍する品種でもあります。高級品種ですので、お歳暮にも喜ばれ

るさつまいもとして有名です。

コメントは受け付けていません。